FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソマリア派遣について思うこと

本日午後に海上自衛隊の護衛艦2隻(さざなみ、さみだれ)が呉を出港しましたね。
麻生総理、浜田防衛相もセレモニーに参加されましたが、テレビの画面を通じてその期待度の高さがひしひしと伝わってきました。

ソマリア沖のアデン湾において日本関連の船舶に対する護衛をするわけですが、自国関連の船舶しか護衛しないと明言している国はほかになかったと認識しています。ただし、それでも各国からの日本に対する期待は大きいみたいですね。日本船舶の護衛が結果的に他国の船舶の護衛に繋がると期待されているみたいです。

一方で、日本の護衛艦は国内法の縛りが大きく海上警備行動の範疇での対応となります。当然、正当防衛や緊急避難といった対応、すなわち警職法や警察比例の原則(相手と同等以下の武器で対応)等をを守らなければなりません。

このことが問題になるのは、迅速な判断、対応ができないということですね。海賊を発見しても速やかな警告射撃、船体射撃(停船させるため)ができない状況であれば、取り逃がす可能性もあります。せっかく護衛艦を派遣しているのに、取り逃がすことがあれば、たとえ護衛という任務を遂行できたとしても国際社会からの批判は免れないのではないかと危惧します。まあ、逃がしてしまっては任務遂行とはならないかもしれんませんが・・・。

もう一つの問題点として、自身の安全を確保するのが困難になる局面に遭遇する可能性があるということです。護衛艦を襲ってくる海賊はいないだろうとは考えますが、万一襲撃された場合にも、警職法や警察比例の原則は適用されますから、相手の初弾で被害を受ける可能性はあるはずです。

麻生首相は昨日の会見で、「法律としていろいろな不備があるために、派遣される自衛官とか海保の人たちが、保安庁の人たちが何? 危険な目に遭うというのはそれは明らかに政治、もしくは法律の不備からそういった人たちに迷惑をかけるというのは、これは明らかに政治のなんて言うの? 怠慢ですから。」と述べられています。国内法の不備のために派遣された自衛官や保安官が危険な目にあってはならないという発言だと思いますが、当然ですよね。

海賊対処関連の法案は、民主党には荷が重すぎます。自民党政権は衆議院選挙において民主党に政権を明け渡す可能性があるため、この法案については早急に審議し実のある内容での成立を期待しています。

theme : 政治・経済・時事問題
genre : 政治・経済

comment

Secret

プロフィール

Masaru


Profile












当ホームページに記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の登録商標、もしくは商標です。
 
Copyright (C) 2002-2008 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

はな金魚

FF公式

リンク

バーナー

リンクフリーです♪

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。